空き家処分に困ったら!おすすめの空き家整理方法はコチラ!

空き家の処分でお困りの方!おすすめの空き家整理方法をまとめました。

いざ、空き家の整理を考えたときに、「何から手を付けていいのかわからない」、専門業者に頼もうにも、「どこに頼めばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

まずは、あなたの空き家がこのまま放置されてしまうと、どのような問題があるのか。また、あなたの空き家がどのような状況なのかを知り、どのように対処しなければならないのかを知らなければなりません。

 

 

空き家を放置してしまうと発生する問題とは?

公益財団法人日本住宅総合センターが調査を実施した「空き家発生による外部不経済の実態と損害額の試算に係る調査」によれば、空き家が原因で発生する被害と損害賠償金額の試算結果は次の通りになります。空き家を放置することがどれほどリスクの高いことがわかると思います。

ケース1:空き家で発生した火災が原因で隣家が全焼かつ隣人が亡くなった場合…6,375万円

ケース2:倒壊した空き家が隣家を巻き込み、隣家が全壊かつ隣人が亡くなった場合…2億860万円

ケース3:空き家の外壁材などが落下し、通行人が亡くなった場合…5,630万円

他にも、雑草繁茂・樹木の越境、不審者の侵入や不法滞在、不法投棄による異臭や害虫の発生等が原因となり、近隣住民とのトラブルに発展する可能性があることも忘れてはいけません。

次に、こういったリスクを回避しようとして「相続放棄をしてしまえば空き家に関する責任も全て免れるのでは?」と考えてしまう方も多くいます。しかし、家庭裁判所に相続財産管理人の選任(100万円〜必要)を申し立てなければ、相続放棄をしても管理義務はなくなりません。だからこそ

あなたが空き家問題の加害者」になる前に、キチンと向き合わなければなりません!

そのためにも、まずは空き家の状況をしっかり把握しましょう!

空き家の状況は一般的に「建物の管理状態」「権利関係の複雑さ」で下図のように分類して把握することができます。

空き家の分類

・建物の管理状態とは

周辺環境に影響(防災・防犯・環境衛生・景観等)を及ぼしていないか

・権利関係の複雑さとは

所有者(複数人含む)が明確で、維持管理の方針が整理されているか

・利活用空き家とは

不動産市場での流通がすぐに可能な空き家

・管理不全空き家とは

所有者の様々な事情により管理ができず、近隣住民が迷惑している空き家

例:所有者が遠方に居住しており、管理がおろそかになっている

・訳アリ空き家とは

権利関係の整理ができれば、不動産市場での流通がすぐにできる空き家

例:兄弟で親の家を相続したが、処分の方針が全く異なり放置したままの豪邸

・困った空き家とは

専門家に権利関係の整理や維持管理を頼まなければ解決困難な空き家

 

空き家の状況がわかったところで、次に空き家の処分方法は一般的に「維持・管理」、「売却」、「解体」、「事業活用」があり、それぞれに良いところイマイチなところがあります。

金銭負担 手間 難易度 認知度
維持

管理

税金 数万円

管理費用 数万円

自前:「大変」

業者にお任せ

「難しい」 よく知ってる
売却 売却益 数百万円 業者にお任せ 業者選び「難しい」 知ってる
解体

3〜5万円/坪(木造)

業者にお任せ 業者選び「難しい」 よく知らない
無償譲渡 0円〜登記費用等 業者にお任せ 「簡単」 知らない

※なお、事業活用(コインパーキング、コインランドリー、自動販売機、貸し農園、太陽光発電所、トランクルーム、アパート経営、民泊、古民家カフェ、貸しスペース、防災倉庫など)も選択肢の一つですが、専門的なノウハウがまだまだ多くないので、本サイトでは検討しないことにします。

 

当サイト管理人は空き家を、次のようにケース別に分けて対応することをオススメします。

Q1:権利関係が「単純」で管理状態が「良い」利活用空き家ならどうする?

A1:売却>無償譲渡>解体>維持・管理の順で検討

産価値があるうちに手放したほうが賢明です!

いくつも活用できる選択肢がありますが、空き家を持ち続けなければいけないほどの大切な理由は、案外多くありません。

 

Q2:権利関係が「単純」で管理状態が「悪い」管理不全空き家ならどうする?

A2:売却(更地渡し、解体後の土地売却) 又は 無償譲渡 

売却(更地渡し)のメリットは、解体費用の持ち出しなしで売却できること

購入が決まってから解体作業を行うため、解体費用は売却して得た金額から支払うことができます。解体の費用とリスクは売主が負担しますが、解体時期を先延ばしすることができます。また、住宅用地の特例で固定資産税と都市計画税を抑えたままにできます。

解体して土地売却するメリットは、買い手が検討・購入しやすいこと

更地であれば、全景が見えるので、敷地の広さや日当たりなどが容易に確認できます。また、空き家が建っている状態よりも土地の印象がよくなるので、「早く・高く」売却できる可能性が高まります。

無償譲渡のメリットは、経済的・精神的な不安を一気に解消できること

 希望者に対して無償譲渡(タダであげる代わりに丸投げできる)することで、経済的な不安(解体費用が捻出できない等)や精神的な不安(将来的な相続への不安や再活用への思い)が解消され、スッキリと肩の荷を下ろすことができます。

 

Q3:権利関係が「複雑」で管理状態が「良い」訳アリ空き家ならどうする?

A3:まずは一人で悩まずに、権利関係の整理を司法書士等のプロに相談

→権利関係さえ整理できれば、利活用空き家になります。しかし、このまま放置してしまうと困った空き家になってしまうため、司法書士等に権利関係の整理を進めてもらいつつも、適切な維持管理を行っていきましょう。

 

Q4:権利関係が「複雑」で管理状態が「悪い」困った空き家ならどうする?

A4:今すぐプロに頼んで権利関係の整理と維持管理をしましょう!

→プロ(司法書士等や空き家管理サービス)に頼まなければいつまでも解決しません土地の売却益でこれらの費用を賄えるかもしれないので事故の加害者になる前に空き家問題から縁を切ったほうが賢明でしょう。

参考URL:相続争いで放置した実家…隣家から「損害賠償」されたワケ(幻冬舎GOLDONLINEより)

 

多くの方にとって、「そもそも空き家をどうすればよいのかわからない」、「問題を先送りにしていたい」、「考えたくもないから放置する」、というのが本音ではないでしょうか?

このような空き家の問題は近年大きな社会問題になってきており、国が力を入れている政策の1つになり、今後ますます規制が厳しくなっていくでしょう。

このサイトでは、空き家処分に関する情報を幅広く紹介していきますので、これから空き家処分を考えている方は是非参考にしてください。

まだ体力と時間がある今のうちに、自分に合った対応方法を見つけることが結果的に満足できる最良の対応方法になります。

次に空き家タイプ別のオススメ整理方法を良いところイマイチなところも含めてお伝えします。

空き家タイプ別のオススメ整理方法

権利関係が「単純」で管理状態が「良い」利活用空き家

ここではまず、売却についてお伝えします。

全ての人にオススメできるのが、複数の不動産一括査定サイトを利用した売却です。

1つの不動産一括査定サイトだけを利用しても、地域によってはベストな不動産会社が見つかるとは限りません。

複数の不動産一括査定サイトを組み合わせて利用することで、効率良く空き家の売却相場が把握でき、安心して売却を任せられる不動産会社を必ず見つけられます。

最もメリットが大きい方法ではあるのですが、イマイチなところもあります。
オススメの不動産一括査定サイトの組み合わせをご紹介する前に、良いところイマイチなところをお伝えします。

不動産一括査定サイトの良いところとイマイチなところ

パソコンやスマホで申し込む不動産一括査定サイトの良いところ

①査定価格が比較できて相場がわかる

②不動産会社が比較できて、優秀な営業マンが見つかる

特に不動産一括査定サイトの場合は、サイト登録業者が競い合うので優秀な営業マンが見つかりやすい傾向にあります。

また、不動産一括査定サイトだと、都市部の地域じゃなくても複数の不動産業者が見つかる可能性が高く、様々な状態でも査定してもらえる柔軟さも良いところですね。

他にも、何店舗も査定に時間を割けない人やコミュニケーションが苦手な人にもおすすめです。一般的には、なじみのない方法ではないかもしれませんが、利用してみる価値はすごく高いです。

パソコンやスマホで申し込む不動産一括査定サイトのイマイチなところ

①匿名にできない(いい加減な気持ちでは相談できない)

②「見積は内密のためメールのみで対応」等と記載しないと、不要な電話営業が避けられない

ところがネックです。

CMやネット広告などで知ってる方も多いと思いますが、自分の周りで利用したことがあるという人がいないという方も多いのではないでしょうか。

また、不動産一括査定サイトのサービスも近年増えてきておりますが、一部には、しつこい電話勧誘がかかってしまうものもあるので、注意が必要です。

このサイトでは、評価の高い不動産一括査定サイトを紹介しておりますので、ご安心ください。

ちなみに、スマホで利用できるサイトがほとんどなので、パソコンを持っていなくても大丈夫です。手順もわかりやすく書かれているので、はじめてでも問題なくできると思います。

逆にパソコンもなくガラケーしかもっていない人は、少し操作が難しいかも知れませんね。

オススメの不動産一括査定サイトの組み合わせ

不動産一括査定サイトというのは30サイト以上もあり、どれを使えばいいか実際のところ迷ってしまいます。

そこで、当サイト管理人が運営歴や利用者の評判などを精査した結果、以下の組み合わせがベストな選択だと考えてますので、ぜひ複数の不動産一括査定サイトをご利用ください。

組み合わせたポイントは、提携不動産会社数の多いサイトを中心に査定対応している不動産会社数の確保です。

ベストな組み合わせ=「イエウール」+「イエイ

イエウール

「まずは情報収集から」「見積もりが欲しい」とお考えの方にオススメです

提携不動産会社数1,700社以上! 利用者数は1,000万人を突破!
利用は完全無料! 最大6社と一括比較ができる!
都会から田舎の物件まで査定可能! 店舗・工場・倉庫・農地にも対応!

 

 

 

イエイ
不動産売却が初めての方、サポートを受けながら進めたい方に最適です。

運営10年以上!安心の実績
主要大手から地域密着型まで網羅! 提携不動産会社数1,700社以上!
店舗・工場・倉庫・農地にも対応!
専門知識を持つ相談員が常駐! 難しい税金や相続のことも相談OK!
お断り代行や査定後フォローあり!

 

 

権利関係が「単純」で管理状態が「悪い」管理不全空き家

次に、解体についてお伝えします。

全ての人にオススメできるのが、解体工事一括見積サイトと不動産一括査定サイトを併用した土地売却又は「無償譲渡」です。

1つの解体工事一括見積サイトだけを利用しても、地域によってはベストな解体業者が見つかるとは限りません。複数の解体工事一括見積サイトを組み合わせて利用することで、効率良く空き家の解体相場が把握でき、安心して売却を任せられる解体業者を必ず見つけられます。

最もメリットが大きい方法ではあるのですが、イマイチなところもあります。
オススメの解体工事一括見積サイトをご紹介する前に、良いところイマイチなところをお伝えします。なお、オススメの不動産一括査定サイトについては、上記の利活用空き家で説明しております。

解体工事一括見積サイトの良いところとイマイチなところ

パソコンやスマホで申し込む解体工事一括見積サイトの良いところ

①見積価格が比較できて相場がわかる

②解体工事業者が比較できて、信頼できる優秀な解体業者が見つかる

特に解体工事一括見積サイトの場合は、サイト登録業者が競い合うので解体工事費が安くなる傾向にあります。また、解体工事一括見積サイトだと、都市部の地域じゃなくても複数の不動産業者が見つかる可能性が高く、様々な状態でも見積してもらえる柔軟さも良いところですね。

他にも、人と話すのが苦手な人や何業者も見積に時間を割けない人にもおすすめです。

一般的には、なじみのない方法ではないかもしれませんが、利用してみる価値はすごく高いです。

 

パソコンやスマホで申し込む解体工事一括見積サイトのイマイチなところ

①匿名にできない(いい加減な気持ちでは相談できない)

②「見積は内密のためメールのみで対応」等と記載しないと、不要な電話営業が避けられない

ところがネックです。

ネット広告などで知ってる方も多いと思いますが、自分の周りで利用したことがあるという人がいないという方も多いのではないでしょうか。

また、解体工事一括見積サイトのサービスも近年増えてきておりますが、一部には、しつこい電話勧誘がかかってしまうものもあるので、注意が必要です。

このサイトでは、評価の高い解体工事一括見積サイトを紹介しておりますので、ご安心ください。

ちなみに、スマホで利用できるサイトがほとんどなので、パソコンを持っていなくても大丈夫です。

手順もわかりやすく書かれているので、はじめてでも問題なくできると思います。逆にパソコンもなくガラケーしかもっていない人は、少し操作が難しいかも知れませんね。

オススメの解体工事一括見積サイトの組み合わせ

解体工事一括見積サイトはたくさんあってどれを使えばいいか実際のところ迷ってしまいます。

そこで、当サイト管理人が運営歴や利用者の評判などを精査した結果、以下の組み合わせがベストな選択だと考えてますので、ぜひ複数の解体工事一括見積サイトをご利用ください。

組み合わせたポイントは、提携解体業者数の多いサイトを中心に見積対応している解体業者数の確保です。

ベストな組み合わせ=「解体無料見積ガイド」+「解体の窓口

解体無料見積ガイド

お問い合わせ業界No.1!
年間4,800件!
サイト利用者3万人突破!

 

解体の窓口

逆オークション方式で最安値の業者がすぐわかる!
全国どこでも対応!

 

 

次にメリットが大きい無償譲渡の良いところイマイチなところをお伝えします。

無償譲渡の良いところとイマイチなところ

無償譲渡の良いところ

①所有者はお金をかけずに空き家を手放すことができ、空き家をほしい人は無償でもらえる

まだできたばかりの不動産マッチングシステムですが、利用してみる価値はすごく高いです。

売れない、貸せない空き家(実家)の処分に困っている方や解体費用の見積額が高額で困っている方にはかなり有効な手段と言えるでしょう。

②掲載無料

無償譲渡のイマイチなところ

①仲介業務は行っていない

契約書の作成〜登記までの手続きはすべて当事者で行わなければなりません。

費用はかかりますが、面倒な手続きをサポートしてくれるサービスはあります。

②売却益はもちろんない

 

オススメの無償譲渡サイト

みんなの0円物件

掲載料が無料
全国対応!

 

権利関係が「複雑」で管理状態が「良い」訳アリ空き家

次に、権利関係の整理についてお伝えします。

まず何よりも先に権利関係を整理しなければなりません。

全ての人にオススメするのが「司法書士等への法律相談」です。

なぜなら、素人で権利関係を解決するのは大変困難だからです。素人が考えたところで時間の無駄になります。

例えば、全国司法書士会一覧から最寄りの司法書士会を調べて、司法書士事務所に相談することができますが、どこに相談してよいのかわからないのが本音だと思いますので、専門家による法律に関する様々なトラブル相談窓口を掲載しておきます。

 

 

どこに相談したら良いのか判断が出来ない場合には、相談内容によって専門家窓口を案内してくれるサイトもあります。専門家への案内は無料で行っています。

権利関係が「複雑」で管理状態が「悪い」困った空き家

「司法書士等への法律相談」、「空き家管理サービスへの相談」をすぐに行ってください。

ほとんどが、「もう自分では問題解決できない状態」になっているため、専門家や自治体へ相談して何とか対応しなければなりません。

近隣の方が迷惑しているとともに、いつか損害賠償問題に発展して大損害を被るかもしれません。

このような空き家は放置すればするほど、事態が悪化していくので至急対応しましょう。

空き家管理サービスと専門家による法律に関する様々なトラブル相談窓口を掲載しておきます。また、どこに相談したら良いのか判断が出来ない場合には、相談内容によって専門家窓口を案内してくれるサイトもあります。専門家への案内は無料で行っています。

 

まとめ

空き家を処分するおすすめの方法を紹介しました。空き家をほったらかしにしておくと、自分を一番不利な状況へと追い込んでしまいます。ぜひあなたにピッタリな空き家処分の方法を探してくださいね。

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました